工事施工実績

4.5尺リフォームドア工事+風除室工事

既存の四方枠を残して、新しい枠を取付終わった状態です。

撤去した既存のドア本体と袖です。

上記、取付後の枠に、袖飾り、袖ガラス、ランマガラス、ドア本体を取付て内外両方に額縁を施工します。その後、既存枠を隠してコーキングして完成です。

躯体を壊さずに、新品のドアに生まれ変わりました。

リフォームドア完工後、風除室を施工しました。

屋根は片流れにして引戸前に雨や雪が落ちないようにしました。引戸は開閉しやすいように、オプションでハンドルを取り付けています。

採寸のポイントは土間ぎりぎりに風除室を取り付けたとして、ドアの開閉に支障がないかをリフォームドアの採寸時に扉を90度に開いても風除室にぶつからないかを確認することです。

サイディングの水切りやベント、破風部分の切り欠きやコーキングには技術が必要です。

風除室I型を3カ所個別にL字躯体に施工(二重の風除室を2カ所に設定する)

正面の外部との間仕切りの風除戸

入ってすぐ右側の風除戸

正面から入って奥の風除戸

正面風除戸の先にスペースを作ることで、降雪がある日でも帰宅時の雪はらいが気兼ねなく出来ます。

二重の風除戸の施工により、正面奥と右のエリア奥の気密度が間違いなく上がります。

3尺リフォームドア工事

昔は4.5尺と6尺しかリフォームドア商品がありませんでした。

現在はドア本体の幅と高さが特注可能になり、デザインは限定されますが、3尺のドアも施工可能になりました。

会社名 (株)北海道三和
住 所 〒007-0891 北海道札幌市東区中沼西1条1丁目4番1号
電話番号 011-792-3800
FAX番号 011-792-3810